Johan Sverdrup Phase 2の最初のスチールカット

13 12月 2018
Johan Sverdrupフェーズ2(画像:TRY / Equinor)
Johan Sverdrupフェーズ2(画像:TRY / Equinor)

木曜日、KvaernerとAker Solutionsが30年ぶりのノルウェー最大の産業プロジェクトを開始し、Johan Sverdrupオフショアフィールド開発の第2段階の最初の鋼板を削った。

2つのノルウェーのエンジニアリング会社は、2018年5月以来、オペレーターEquinorのJohan Sverdrup Riser Platformの改造プロジェクトを支援するために、34億ノルウェー・クローネの契約の下、50/50の合弁会社で働いています。工事の範囲には、エンジニアリング、調達、建設および設置(EPCI)フィールド・センターの修正および第2の処理プラットフォームの統合を含むが、これに限定されない。

5000メートルトンのユーティリティモジュールは、StowのKvaernerの庭に建設され、ポーランドの様々な下請け業者によって事前に製造されます。 EgersundにあるAker Solutionsのヤードは、オフショア統合のための前処理を実行します。

最初の鋼板切断は、スタバンガーから西に約160キロ離れた北海のウチラ高原でのヨハン・スヴェルドルトの開発で、新しい橋が既存のライザー・プラットフォームに接続される橋梁サポート・モジュールで利用されます。

第1段階で建設されたJohan Sverdrup分野のセクションは2019年に生産を開始し、第2段階の部門は2022年に生産開始予定です。フェーズ1にはスチール製ジャケットの4つのプラットフォームトップサイドがあり、Kvaernerは1つの上部サイドと3つのスチールジャケット下部構造。フェーズ2では、KvaernerがAker Solutionsと提携して提供する新しいモジュールを含む、鉄骨の基礎構造上に新しいプラットフォームの上面が含まれています。 Kvaernerは新しいフェーズ2処理プラットフォームのトップサイドを担うスチールジャケットも供給します。

2018年10月のヨハン・スヴェルダップ(Johan Sverdrup)畑で建設が進行中(写真:Equinor)

ジョハン・スヴェルドルトの開発は、今後数十年の間にノルウェー最大の収入源になるだろうが、国内のサプライチェーン全体での積極的な参加に頼っている。 Equinorによると、ノルウェーのサプライヤーに授与された契約の総数の70%を占め、フェーズ1の開発に関連して600億クローネ以上の契約が授与されました。

フェーズ1の場合と同様に、「Johin Sverdrupのフェーズ2は、Equinorとノルウェーのサプライヤー業界が協力してフィールド開発コストを大幅に削減することで実現しています」とKvaernerのCEO、Karl-PetterLøken氏は説明します。これは、ノルウェーの産業発展と雇用を通じて、さらに高い価値創造を意味し、石油とガスの将来の生産による重要な収入を含んでいる」

Kvaerner氏によると、同プロジェクトのピーク人員は約550人、Aker Solutionsではさらに300人になるという。下請け業者やサービス会社を含む契約は、約2,000人の雇用に波及効果をもたらすと予想されている。

「Johan Sverdrupは、近年Kvaernerの最も重要なプロジェクトであるだけでなく、最近のノルウェー最大の産業プロジェクトでもあります」とLöken氏は述べています。

Equinorは3つのライセンスにまたがる開発のための演算子です。他のパートナーには、Lundin Norway、Petoro、Aker BP、Totalが含まれます。

ノルウェー大陸棚の5大油田の一つであるJohan Sverdrupは、22億〜32億バレルの石油換算水準を保有すると推定されています。現在の国内生産量の約4分の1に相当する、2022年に完全に開発された場合、1日に最大660,000バレルの石油換算量を生産することが期待されている。

現地油はHordalandのMongstadターミナルに配管され、ガスはStatpipe経由でNorth RogalandのKårstø加工工場に輸送されます。 (画像:Equinor)

Aker Solutionsは、2012〜2013年にJohan Sverdrupの発見に関する実現可能性とコンセプトの研究を提供し、開発コンセプト開発のパートナーシップを支援しました。 2013年後半には、Equinorのポートフォリオ・フレームワーク契約を獲得し、開発の第1段階でエンジニアリング・サービス、調達および管理支援(EPMA)を提供しました。フロントエンドのエンジニアリングデザイン(FEED)は、2014年に実行され、4つのプラットフォームフィールドセンターコンセプトを詳細に説明するために、これまでに社内で組み立てられた最大のFEEDチームの1人を従事させました。

2018年に、Aker Solutionsはモジュールと、これをライザープラットフォームと統合する作業を含む、開発のフェーズ2のFEEDを完了しました。この作業は2013年にAker Solutionsに授与されたJohan Sverdrupの10年間のフレームワーク・エンジニアリング契約の一環として、2017年に確保されました。

Categories: 装置