Vigdisはブーストを取得

5 12月 2018
Vigdis海底設置(写真:Andre' Osmundsen / Equinor)
Vigdis海底設置(写真:Andre' Osmundsen / Equinor)

ノルウェーのエクイナーは、ノルウェーの北海で長年に渡って生産されているビグディス(Vigdis) 分野の増強基地に、14億ノルウェー(1億4,670万米ドル)を投資することをパートナーと決定したと述べた。

2021年の第1四半期にオンラインになると予想される新ブースティング・ステーションは、 20年以上にわたりスノーレ畑で石油を生産している海底地帯Vigdisで約11百万バレル増加させる予定です。

"これは既存の井戸から生産を増やす多相増強ステーションを含む改善された油回収プロジェクトです。これにより、非常に競争力のある価格で新しいオイルバレルが追加されます」とEquinorのプロジェクト管理管理担当シニアバイスプレジデント、TorgerRød氏は述べています。

ブースティングステーションはパイプラインに接続され、Tampenエリアのブロック34/7と処理のために7km離れたSnorre Aの間の容量を強化し、海底から河川までの井戸をプラットフォームにもたらすのに役立ちます。ブースティングステーションの坑口のおかげで、井戸からの生産量をさらに増やすことができます。

このプロジェクトには、Vigdisフィールドから石油を受け取るSnorre Aと、新しい臍から電力を供給する新しいBoosting Stationを提供するSnorre Bのいくつかの変更も含まれます。

海底のテンプレートやトロールの保護を含む追加システムを提供する契約は、Schlumberger社のOneSubseaに授与されました。契約価値は7億NOK(8,240万ドル)と見積もられている。

エンジニアリングは2018年12月にベルゲンで始まり、アセンブリはベルゲン近郊のホルセー工場で行われます。 OneSubseaは、ポンプを製造するFramoFlatøyと配管を製造するLustre Mekaniske Industriを含むいくつかの下請け業者を使用する。

「スノーレAプラットフォームとBプラットフォームで実施される作業の契約は、後に授与されるが、海兵隊の運営はエクイナーの枠組み契約に基づいて行われる」とロド氏は述べた。

EquinorのSouth社シニアバイスプレジデント、Jez Averty氏は、Equinorは今後の開発のいくつかの段階を経てVigdis分野を継続的に開発していると語った。 1997年に流域に流入したとき、その畑は2億バレルの原油を生産すると推定された。現在までに2倍の生産量を達成しており、Vigdisの回収可能な資源は現在455百万バレルと推定されています。

主要な構造に加えて、Vigdisフィールドは、2003年と2004年にそれぞれ生産を開始したBorg NordvestとVigdisØst構造で構成されています。水深は約280メートルです。

主要なVigdis構造から分離されたガスはSnorreフィールドに注入され、Borg NordvestおよびVigdisØstからのガスはSnorre AからStatfjord Aにパイプされます。安定化されたオイルは貯蔵と輸出のためにパイプラインによってGullfaks Aに輸送されます。

旧Saga Petroleum社は、1984年にライセンス供与を受けたライセンスPL 089のオペレーターになりました.Norsk Hydro社は1999年にSaga社を買収した後、事業運営を引き継いだ。その後、2003年1月1日にStatoil社が事業運営を引き継いだ。

Categories: オフショアエネルギー, 装置