Tepco、最初の商業オフショア風力発電所を開始

Laxman Pai10 12月 2018
画像:Tepco
画像:Tepco

日本最大の電力会社である東京電力(Tepco)は、同社初の商業用オフショア風力発電施設が2019年1月1日に打ち上げられると発表した。

有力大手のプレスリリースによると、Tepcoは、2013年以来、千葉県の銚子南部に位置する海上風力発電設備(定格出力:2,400kW、ボトム固定型タービン)のデモ試験を日本で初めて実施している。

デモンストレーション中に、Tepcoはオフショア風力発電設備の導入と拡張に必要な技術を確認する目的で試験データを継続的に監視しました。このデモンストレーションは、厳しい天候や海洋状況下での施設の運営と維持、ならびに装置の安全性と海水による被害への抵抗を保証する貴重な経験をTepcoに提供しました。

その結果、デモンストレーションテストでは、Tepcoの施設が安全であり、高いキャパシティで稼働できることが判明しました。

今後は、海外の水力発電事業に加え、国内外の風力発電事業を推進し、再生可能エネルギー源の一元化を図っていきます。 Tepcoの最終的な国内オフショア風力発電の目標は、2〜3GWの出力である。

この目標を念頭に置いて、Tepcoは11月1日、銚子の海岸から海底風力発電所を開発する可能性を調べるために、銚子沿岸の海底調査を開始したと発表しました。

今後、Tepcoは、同社の安定した電力供給のための再生可能エネルギー源の使用を拡大する予定である。地球温暖化の影響を最小限に抑えて事業活動を行うことで、日本のエネルギー・環境政策に貢献し続けることを期待しています。

Categories: エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, 政府の更新, 政府の更新, 風力