EquinorレポートEchino South Discovery

6 11月 2019
(画像:Equinor)
(画像:Equinor)

EquinorとパートナーのExxonMobil、Idemitsu、Neptuneは、北海のFram油田で35年11月23日、Echino Southの探鉱井で石油とガスを発見したとノルウェーエネルギー会社は水曜日に述べた。エクイノールによると、回収可能な資源は600万〜1600万立方メートルの石油換算であり、これは38〜1億バレルの石油換算に相当します。

「ノルウェーの大陸棚(NCS)の最も成熟した地域で、トロール油田からそれほど遠くない場所で、今年最大の発見の1つを行っています。エクイノールのノルウェーおよび英国での探査担当上級副社長であるニック・アシュトンは、次のように述べています。

北海のこの部分のリソースを大幅に増やすことで、発見はおそらく既存のインフラストラクチャに結び付けられるでしょう。この地域のさらなる知識と新しいデータ投資により、北海北部のこの地域での探査機会に対する自信が高まりました。

「NCSでの50年以上の地質調査の後、私たちはまだ何か新しいことを学んでおり、以前はないと考えていた炭化水素を発見しています。既存のインフラストラクチャを利用することにより、これらのリソースは、高い収益性と低いCO2強度で回収される可能性があります」とアシュトンは言いました。

エチノ南部の探鉱井35 / 11-23は、フラム油田の南西3.2キロ、ベルゲンの北西120キロで掘削されました。主な探査目標は、オックスフォード時代の上部ジュラ紀貯留層(ソグネフィヨルド層)の石油を証明することでした。

井戸内の二次探査の目標は、ジュラ紀中期の石油岩石を証明することでした(ブレントグループ)。炭化水素は両方の探査対象で証明されました。ソグネフィヨルド層の発見の輪郭を描くために、サイドトラック(井戸35 / 11-23 A)が掘削されています。

主要な探査ターゲットでは、井戸はソグネフィヨルド層で2つの炭化水素を含む砂岩の区間に遭遇しました。最上部の間隔には、砂岩で約25メートルの油とガスを組み合わせたカラムがあり、貯留層の品質は良好から非常に良好まで変化します。

油/水接触は発生しませんでしたが、ガス/油接触は発生しました。もう1つの区間には、砂質の約15メートルの油柱があり、貯留層の品質は非常に良好です。油と水の接触が発生しました。

二次探査のターゲットでは、井戸はネス層とエティブ層で約35メートルの総石油とガスの列に遭遇しました。ガス/油および油/水接触が発生しました。

予備的な推定では、発見の規模は600万〜1600万標準立方メートル(Sm3)の回収可能な石油相当量です。ライセンシーは、発見をTroll-Fram地域の既存のインフラストラクチャーに結びつけることを検討しますが、最初に発見の際に評価井を掘ります。ブレント層のすぐ上の上部ジュラ紀のバイキング層の厚さ5メートルの砂岩層にも炭化水素の兆候があります。

これは、プロダクションライセンス090の16番目の調査井です。このライセンスは、1984年の8回目のライセンスラウンドで授与されました。

生産ライセンス090のライセンシーは、Equinor Energy AS(45%)、ExxonMobil Exploration and Production Norway AS(25%)、Idemitsu Petroleum Norge AS(15%)、およびNeptune Energy Norge AS(15%)です。

坑井は地層テストされていませんが、大量のデータが取得されています。井戸35 / 11-23は海抜2,947メートルの垂直深度に掘削され、ジュラ紀下流のダンリングループで終了しました。水深は350メートルです。

坑道は、サイドトラック35 / 11-23 Aが掘削された後、永久に差し込まれ、放棄されます。この井戸は、深海大西洋掘削装置によって掘削されました。掘削装置は、サイドトラックを掘削した後、エクイノールがオペレーターであるバレンツ海の生産ライセンス064で、アスケラッドノールフィールドの生産井を掘削します。