2020年に30〜40の探査井を掘削するエクイナー

26 11月 2019

ノルウェーのエクイナーは、2020年に世界で30〜40の石油およびガス探査井を掘削する計画を立てており、今年もブラジルは国際的な取り組みの「ホットスポット」であると同社の探査部門長は火曜日に述べた。

エクイナーのティム・ドドソンはロイターに対し、同社は北海に焦点を当てたノルウェー大陸棚に約20〜30個の探鉱井、さらにバレンツ海でのヨハン・キャストバーグとウィスティングの発見に掘る予定だと語った。

今年の第3四半期末までに、同社は主にパイプラインインフラストラクチャを備えた既存の分野で32の試掘井を掘削し、14の商業的発見を行いました。

「今年は40井戸に近づく予定です」とドドソンは言いました。

バレンツ海、特にその東部での最近の探査努力は、ノルウェーの当局が国のまだ発見されていない資源の半分以上を保有していると推定しているにもかかわらず、期待はずれです。

「私たちは、バレンツ海の西部に今より集中するつもりです」とドドソンは言いました。

国際的には、Equinorの探査努力はブラジルからの新しい資源の証明に焦点を当て、今後2年間で5つの井戸を掘削する予定です。

「今後数年間でブラジルはホットスポットになるだろう」とドドソンは言った。

純1億バレル以上の石油相当量の資源を対象とするいくつかの影響の大きい井戸がブラジルと米国メキシコ湾で掘削されると彼は付け加えた。

しかし、ドドソンは、同社がブラジルでより多くの面積を追加することで「選択的」になり、すでに巨大なCarcaraの発見を開発する予定であると述べた。

「私たちにとって、それは私たちが持っているポートフォリオとその可能性をテストすることです。ブラジルでの最良の機会のいくつかに座っていると思います」と彼は言いました。


(Nerijus Adomaitis Editingによる報告、David Goodmanによる)