重要な機器に砂を寄せない海底バイパス

ジェニファー・パラニッチ8 8月 2019
eProcess Technologiesは、Subsea Desander(SSD)をTechnical Readiness Level 5まで開発しました。可動部品がなく、従来のフィルターシステムの約10%のサイズと重量です。 SSDは、5〜50ミクロン以上の粒子の98%、最大99%の粒子を除去できます。 (画像:eProcess Technologies)
eProcess Technologiesは、Subsea Desander(SSD)をTechnical Readiness Level 5まで開発しました。可動部品がなく、従来のフィルターシステムの約10%のサイズと重量です。 SSDは、5〜50ミクロン以上の粒子の98%、最大99%の粒子を除去できます。 (画像:eProcess Technologies)

オペレーターは石油とガスを生産するビジネスを行っていますが、井戸は最終的に砂を生産します。井戸の石油とガスの生産量を制限することに加えて、上部に到達する砂は重要な機器を損傷する可能性があります。

eProcess TechnologiesのテクニカルディレクターであるHank Rawlins氏は、完了時の砂の生産を防ぐことは重要ですが、施設の砂管理を考慮することも重要です。

「井戸は将来、砂を生産するでしょう。そして、砂が入ってくるとき、それが起こるかもしれないときはいつでも、砂を準備する必要があるという考え方を持つ必要があります」と彼は言います。

上部では、生産ストリームから砂を除去するための一般的な方法は、サイクロンデスダーによるものです。しかし、オペレータは海底の砂を除去することに関心を示しており、多相ポンプなどの重要な海中機器を危険にさらさないように、eProcess Technologiesは海底砂分離のための3ダース近くのソリューションを評価しました。

「一番の問題は、砂海底の取り扱い方法です」と彼は言います。

ローリンズは、重要な機器をバイパスできるように砂を分離することで最も適切な3つの方法を決定し、その後再注入して処理のために表面に流れ、海底で砂を分離し、処分場に注入することを決定しました、そして、海底で砂を分離し、回収可能な容器に入れます。

彼は、回収コンテナの限界はオペレーターの回収能力にあると言い、オペレーターは砂を処分井戸に注入しようとしたが、後でパフォーマンスが悪いために努力を止めました。

最も実行可能な選択肢は、海底バイパス法であり、同社の既存のサイクロン式坑口崩壊をマリネする必要があると彼は言います。 eProcess Technologiesは、技術準備レベル5の海底破壊者(SSD)を保有しており、契約締結後1年以内にオフショアに設置できると考えています。ユニットは既存の海中テンプレートに後付けできます。

同社によれば、SSDには可動部品がなく、従来のフィルターシステムの約10%のサイズと重量です。 SSDは、5〜50ミクロン以上の粒子の98%、最大99%の粒子を除去できます。設計評価は、API 6A 20Kまでです。

同社によると、SSDは流体をサイクロンに送り込み、渦流と高いgフォースを発生させることで動作すると述べています。遊離ガスは素早く分離して分離するため、重い固体はサイクロンの壁に向かって外側に押し出され、軽い液体は中心コアに向かって反対方向に移動します。固体はサイクロンを渦巻状に流れてアンダーフロー出口に達し、残りの流体は強制的にオーバーフローと反対方向に流れます。このプロセスには2〜3秒の滞留時間が必要です。

Categories: 装置