石油供給量の心配として週間損失

投稿者Joseph Keefe9 2月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /(c)GearSTD)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /(c)GearSTD)

原油価格は金曜日に6日ぶりに下落し、10カ月ぶりに最大の週赤字を記録した。
インフレ懸念が発覚した世界的な株式市場の崩壊の中で、落ち込んだ。
ブレント先物は30セント安の1バレル= 64.51ドルだった。木曜日に、ブレントは12月20日以来の最低終値まで1.1%下落した。
米ウェスト・テキサス州中産(WTI)原油は前週末比1セント安の1バレル= 60.73ドルで42セント安の1・2だった。
両契約とも、今年1月末の最高点から9%以上下落している。ブレント氏は、毎週4月以来最大の6%の損失を見せていたが、WTIの週刊誌の7%以上の下落は3月以来の最も急なものであった。
PVMオイル・アソシエイツのスティーブン・ブレノック会長は、「初めのラリーが正当化されなかったことは、今や騒々しい牛のために痛ましいことになった」と述べた。 "その代わりに、楽観主義のいずれかの残っているポケットを潰している深刻な価格の敗北です。
米国エネルギー情報局(EIA)によると、米国の原油生産量は、最近の週のバレル当たり1日当たり10.2百万バレルとなり、北海の主要石油パイプラインの停止は短命であった。
OPECのイランはまた、木曜日に、今後4年間で少なくとも70万バレルの生産量を増やす計画を発表した。これは、Brennockがオイルブルズのハートトリックであると述べたものである。
「新鮮な米国の制裁措置の噂が織りなすが、それでも売り切れを悪化させるほど、これは大きな秩序となるだろう」とブレノック氏は語った。
米国の生産高は、石油輸出国機構(OPEC)の最大の生産国であるサウジアラビアの現在の生産量を追い抜くための軌道に乗っている。
米国は、OPECやロシアを含む他の生産国が世界市場のバランスを取るために複雑な努力をしている。このグループは、2017年1月に始まった生産カット契約を、2018年末まで延長した。

より多くの米国石油が輸出されるにつれて、アジアなどの主要地域におけるOPECメンバーの市場シェアにも挑戦しています。

リビー・ジョージ

Categories: エネルギー, ニュース, ファイナンス, 中東, 契約, 政府の更新