サウジアラムコの造船所合弁会社で建設開始

投稿者:Michelle Howard16 3月 2018
サウジアラビアの東岸に造船所を建設する合弁会社の建設作業が始まったと、石油精製業者Lamprell Plcが金曜日に発表した。

合弁企業の国際海事産業(IMI)は、国営のサウジ産業開発基金(SIDF)からの融資の合意に達した後、事業を開始した、と声明は述べた。

SIDFは昨年、このプロジェクトの資金調達に37億5,000万リヤル(10億ドル)を提供することに合意した。

IMIは、アラブ首長国連邦に拠点を置くランプレル、国営石油会社サウジアラムコ、サウジアラビア海運会社(Bahri)、韓国の現代重工業とのパートナーシップです。

アラムコのエグゼクティブは、アラムコが200億リヤルーム(53億ドル)以上の費用を負担すると述べたこのプロジェクトの最高経営責任者となる。

ランプレルの建設期間中の予想総資本貢献額は最大1億4000万ドルであると声明で明らかにした。

およそ1,200万平方メートルの設備は、海上リグ4隻と超大型粗運送貨物船3隻(VLCCs)を含む40隻以上の船舶を製造する能力と、海上製品260隻以上を生産する予定です。
Katie Paulによる報告
Categories: オフショア, タンカーの動向, ニュース, ファイナンス, 中東, 人と会社のニュース, 船の修理と変換, 造船